FC2ブログ

rubbish

  

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.30[水] 折角なので

フィナンシェについて調べてみました。知識もさることながら、莫大なレシピ(クックパッドには244件!)がひっかかって、みなさんよく作るわねと。昔はお菓子作りもしたけどなぁ。しかも初心者なのに(膨らまない)シフォンケーキとか、(本当はサクッとしたクッキーを作るつもりだったが、焼き上がってみたら)しっとりクッキーとか、手間のかかるものばかりに手を出していたな…遠い思ひ出。オレンジゼリーにレンドルミンを粉末にして入れてみたりなぁ(今思えば何の為)。

京都に行きたいけどGWが邪魔
円山公園の池にいた
スポンサーサイト

2008.04.29[火] (無題)

・なんか、不用意な発言や大口を叩いてはいけないんだな~…。と、社会的に(一見)一目置かれるような職や役割(特に教育者的立場)に就いてる人たちの、ネット上の発言を見ては自省したりしなかったり。態度ではなく、言葉だけを小手先で改めようとしたって無駄だ(自省)。しかし何も言えなくなるのは嫌だ(開き直り)。

・スタバのコンビニシリーズ新製品(写真)。ちょっと前に買って飲んでみた。期待してた味と違ったが、体調的に「コーヒーまでOK」だということが判った。相変わらず酒はまだ駄目、ODはする気が起こらない。…って、健康なんじゃないか、これ。

砂糖不使用

・そういえば朝、今日は「ショーワノヒ」である、と耳に入ってきて「何事?!いつから?!」と軽く混乱した。いつの間にかたいそうな祝日になったんだな。「ミドリノヒ」の方がよっぽど平和な響きだと思うんだが。

2008.04.27[日] 世界は閉じられようとしている

・ちょうど先週の今日か、NHK教育で見た日本画家・松井冬子の特番。上野千鶴子(←久しぶりすぎて記憶から抹消されてたよ、私が大きく右傾化する直前に大きく左傾化させた志水先生の講義以来だ)との対談で上野女史に「描いている時に何を考えているのか」と問われ「描いている時は絵画技術(技法)について考えている」と語ってて、それに対し上野女史は「聞き手としてはその答えでは納得できないんですよね~」のように返していた。芸術家は論壇の人間にどんなに「通俗的に分析」されようと、どこまでもその思惑に反発しなければならない、と私は思うんです。意識的にしろ無意識的にしろ。そのような態度(単に「反(anti)」というのではなく、縦横無尽な裏切り)は芸術家としてのマナーである、と思う。いや実際には「自分がそのように見受ける芸術家に特に強く魅かれる」だけなんですけど、きっと。でも松井冬子さんには久しぶりにテンション上がった。そして何故「ミュージシャン」は「アーティスト」なんだろうか。「スイーツ(笑)」と同列に思えてしまう。ミュージシャンはミュージシャンでなぜいけないんだろうか。どこの誰からこんな奇妙な慣習が広まったんだ。

2008.04.26[土] 共存できない理由?

・本当に今更ながら、自分の強力な依存的性格に嫌気がさしている。自分に有益なもの(即効性のある物・金など)をもたらす人などに、人生を「責任転嫁」する(と断言していい)。そしてそんな性格に対して、抗うつ薬による薬物療法は無用だ。安定剤や眠剤はよく効くと実感できるが(アルコールの作用と同じ感じ)。

・なんかもういいや。この話の結論は自分でわかってる。これをこのまま続けることが「心の拠り所」「心の自由」「心地よさ」には繋がらない。いくら女(雌)に対して許容範囲が広い社会であっても、生きられないもんは生きられないだろう。ゴキブリという生物の存在を認めてはいるが、いざ自分の部屋にゴキブリが出たら一刻も早く抹殺しようとするようなもんじゃないか。

2008.04.25[金] やっぱり図書館買ってほしい

・片道徒歩(元気に歩いて)30分強の、地元の大きな図書館に行ってテンション上げてきた(お陰で久しぶりに夜に普通の体調で眠い)。23・24日の「共存~」シリーズで書きたかった態度が、『狂気の偽装』(岩波 明著 新潮社 2006/4/20)の前半部分にほぼそっくり書かれている。引き当てる時は引き当ててしまうのね。他に寺山修司と町田康詩集を借りてきた。道中ちっちゃいツツジが咲いていた。タンポポはもう綿毛になっていた。

2008.04.24[木] 共存できない理由?

・「バカは風邪を引かない」の本当の意味は、「共同体の中で風邪が流行っている時に“義務”を果たさない(一人だけ風邪を引かない)」すなわち「みんなやってる時に一人だけしてないのはバカだ」という、風邪を「病気」ではなく「共通文化」として捉えた上で、同じ文化に染まらないものを排除することを示唆した言葉なのである。と、昨日部屋整理して出てきた大学時代の講義ノートに書いてありました。まさか、こんなタイミングで役に立つとは思いもよりませんでしたが、とりあえず写したい部分を写したら捨てました。この調子でどんどんモノを減らせ!今の私には「心の拠り所」「心の自由」「心地よさ」が必要なんだ、という所までは自分の実感として辿り着いた。

・「病気アイデンティティー」の根源には、「病気」に与えられた社会的地位がある(例:仮病)。それは「病気」には与えられるが、「狂気」には与えられることを許さない(現代社会においては)。さて、頭の病気は「病気」だろうか、「狂気」だろうか。はてさて、「私の」頭の病気は、果たしてその「社会的地位をもつ病気」の条件を満たすだろうか。少なくとも4年前、最初に抗うつ薬(パキシル20mg/day)を処方された時は、当時の会社の人たちの協力を得られたこともあって「社会的・病気アイデンティティー」を(あえて書く)堂々と持ちながら生きることができたのは確かだ。しかし会社を辞め、「協力者」を失ったひとりの私にとってはただの「狂気」でしかなかった。この当時は「無知と偏見」は周囲だけでなく自分にも大いに言えることだったので、「当然社会に認められるべき、素晴らしき病気アイデンティティー」だけで闇雲に暴走するしかなかった。タチ悪いですね~。

・ちなみにこのパキシル、第三世代の抗うつ薬として「副作用が少なく、薬価も高い」為、精神化領域にとどまらず乱発されていたようです(今も?)。そもそも向精神薬(精神疾患の治療を目的としたもの)の類は、薬物依存を防ぐ為に飲みづらいように作られている、ということを聞いた事があるので、「副作用が少なく」の謳い文句は一見患者に良心的であるかのように見えるが、実は処方する側にとって、お金儲けの口上として用いりやすい滑らかな文句なのだ。実際、副作用が少なく「ない」し。その上「ビリビリ」(←人によって呼び方は様々、「シャンシャン」等と表す人も)という離脱作用まで引き起こす、なのに肝心のうつの症状を改善することもない。そして高い。そんな薬を約一年間飲み続けてしまった。大損失。まだつづく。

2008.04.24[木] (無題)

・そもそも、オリンピックの成功の秘訣は「国を単位としたこと」によるナショナリズムの喚起にあり、政治との関連性なくしては成就が難しい「お祭り騒ぎ」だと思うので、日本も含めた各国の「政治と切り離して」という意見は的外れだ。そういった点で、今回の北京五輪は既に大成功であると言える。日本を除いて。日本の態度は一貫して「沈黙は金(ゴールド=マネー)」と相変わらずしょぼいですね。

・22日に、ものすごく久しぶりに京都は八坂神社~円山公園(知恩院には行かず)をぶらり旅してきた。桜まだ全然いけました。八重桜の、地元に生えてない品種を見つけては写真写真。しかし滞在2時間もしないうちにしんどくなって、買い出し行って帰宅する頃には嫌な頭痛(まぶしさを併発するような)が復活。太ってるのに体力がた落ち。まぁ少しずつ慣らしていけばいいのさ。京都リハビリで大原三千院リベンジしてこようと思う(写真全て消去してしまった…ということは、またあの滝まで登らなければいけないのか…)。明日以降は天気もよさそうだし。昨夜どうにも寝付けなくてザッピングしてたら「みうらといとうがただただ仏像を見て回る」という、なんともお誂え向きな番組がやっていた。やっぱり仏像いいよなー。予備知識があるのとないのでは見え方というかありがたみというか、楽しみが全然違う。そういえば先日の造幣局桜の通り抜けのニュースで「普賢象」という品種の桜について、「めしべの形が普賢菩薩さんの乗ってる象の鼻に似ているからその名がついた」という説明に「ああ、あの象ね」とすぐにピンと来た。この程度の情報だけ(または、仏様の名前と種類だけ)でも頭に入っていると、見仏がずっと楽しくなりますね。最近開いてないけど、京都の寺に行くなら『図解・仏像の見分け方』である程度予習をしていこう。ずっと枕元に置いてあるし。

八坂

2008.04.23[水] 共存できない理由?

・年をとるにつれて「アイデンティティー」という言葉を好んで使わなくなったなぁ、と思う。しかし私は病院で頭の薬を貰うようになってから「社会的発病」というアイデンティティーに支えられて、否、依存して生きてきた。ある面でこの4年間は大きな喪失(経済的には間違いなく大損失)だったと思う。

・初めて頭の病院の門を叩いたのは2004年の1月、社会生活に支障を来し始めてから多分4ヶ月後ぐらいだったと思う。実際には、それ以前にも、学生時代にも、「症状(便宜的)」は確かにあった。だがそれらが社会生活に支障を来すものではなかったので、「病気のアイデンティティー」ではなく「当然社会に認められるべき、素晴らしき個性のアイデンティティー」として存在し続けた。

・…あっという間に限界、PCに蝕まれるもう駄目だ。つづく。

2008.04.22[火] question

参加はしてないけど

クイズ

2008.04.22[火] ソニーさん皆さん有難う

本日届いたメール。

----------
*このメールは、オーダーメイドファクトリーにてホワイ「WHY+1」をご予約頂いた
お客様にお届けしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◆◇ホワイ「WHY+1」 発売日が決定いたしました!◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度はホワイ「WHY+1」にご予約を頂きありがとうございます。
お待たせいたしましたが、商品の発売日が決定いたしましたのでご案内いたします。

★ホワイ「WHY+1」
発売日:2008年5月20日(火)
価 格:3,150円(税込)
----------

…イヤッッホォォォオオォオウ(AA略

2008.04.20[日] 扇情

・今度は「パート労働者から国民年金料を天引き」する制度導入を方針として固めたらしいが(ただ、今見たソースの記事の真偽がちょっと怪しい為、詳細再度確認要。国保と健保を混同して記事を書いてた)、これが施行されてパートで就職して死んだら、責任転嫁できるかしら。お国に殺された、と。戦争未亡人みたいに。大体やることがいやらしいんだよ、ちょっと組織が大きくなってくるとどこもかしこも、一握りの自分の身内の利益意外はどおでもよくなって、建前の為に直接殺したり解雇したりしないだけで、実際やってることは殺しでありその他大勢への全否定である、本人それに気付いてやってんだか気付かないんだかしらんけど、気付かないんなら本当に幸せな人生でよかったですね、せいぜい愛人囲うために本妻に金をどっさり握らせておく為に働けいや働かないか、上層は下々に威圧感を与えて支配したり腐らせて殺したりすることしかできないか、外面だけはへらへらばりばりすんだろね無知(現時点または自分に降りかかったものへの知的意欲なし)って怖いね幸せだね。


やっぱ社会復帰なんてできる気しないです。例によってPC長時間でどんどん気持ち悪くなるので今日も避難、これで避難。

2008.04.18[金] 甘い罰

・ベッドから正面のPCラックを見渡すと、置いてあるモノが全て「カネ」に見えて(トップバリュのCMのように、モノの全てに値札=CMではトップバリュマーク=がついているように見えた)、余りの多さに吐きそうになった。こんな状態で全てを投げ出そうとしているのか私は、と。うぇ。げぷ。

・しばらく見ないと思ったら、こんな駄目人間状態で、みちゃったよ。一時期立て続けで見ていた、「心安い友人」を「邪教」で失いそうになる夢を。しかも今回はその「邪教」が政治的機能を(注:連立与党のあそこではないです)果たしていた。目覚めた時の落ち込みようったらなかった。体調悪いのも併発してるし。酔っ払うこともODでラリることもできない(←試みても体が受け付けない)。しかしこの夢ほんとに何なんだろうな…。

今日も外出はできなかったわけだが
13日撮影薔薇

2008.04.16[水] 不達成

・ほんとは雨が降る前に今日遠出したかったんだけど、朝起き(上が)れなかったorz

13日撮影・葉桜って美味しそうじゃないか(色的に)
13日撮影近所

2008.04.15[火] うあああ

・もうずっと体調が微妙。「London」1曲の為だけに先日ツタヤで借りてきたRie fu『tobira album』がハズレでがっかり。のっけからベースの音で気持ち悪くなってしまった(以降、メロディ・アレンジ・歌い方の癖・楽器の音など折に触れて気持ち悪くなる)。そんな私に今日も満面の八重桜を。明日も。

15日撮影


2008.04.14[月] 四年前

・2004年の後半の暗黒時代も、ついつい聴いてしまうのは、はっぴいえんどの「氷雨月のスケッチ」だったな。病的引きこもり状態の御用達。(←とても不名誉な御用達に感じる、そんなつもりは無いんだが)

・と言いながら今聴いてるのはB'zだったりするんですが。古きよきB'z。やっぱり出会った当時(1991年~93年)がピークのような気がするんだよなぁ、聴けば聴くほど。最新の「ACTION」をまるまるウォークマンに入れていたが、これ聴かないこれも聴かないと削除していったら全17曲中7曲しか残らなかった(ちなみにMONSTERからは2曲しか入ってないので、7曲でも残った方だ)。いろいろ限界だなぁと思うんだけど、まだ20周年イベントは終わってないらしく、例の「ドコモ2.0」に酷似したロゴがCMに出てくる。この調子で9月までやるんだろうかやるんだろうなきっと。何があかんのやろなぁ。ああやっぱり「ねがい」のBメロ好きだなぁ~(そしてアルバムではなくシングルのバージョンが好きだ、95年ぐらいかこれ)。でもどちらにしろ自分が落ちている時の嗜好には変わりないのだ。頑張らなくても聴ける、というか。

・そして(途中割愛)時間が無い。日々この悪循環。

13日撮影
八重桜

2008.04.14[月] 正気も狂気も自分で解説

・しなきゃいけないのが面倒臭いんです。なんかもう全部。・昨日の選挙の結果を今確認したが、またまた、私の民意は反映されなかったわけで。というか投票率23.06%て、果たしてこの選挙自体に意味があるのか。茶番だ茶番。最近目にするもの全てが茶番に見えるんだけどたぶんみんな茶番で間違ってないと思う。それに気付きながらも耐えていたのか、全く気付いていないおめでたい人だったのか、何故今まで「耐え難い不快感」をここまで感じずにいられたのか。いや答えは簡単、仕事をしていたから。先日読んだ坂口安吾の「白痴」の「二百円ほどの給料」について延々と悶々と述べられている部分がとても良い。ところで一昨日から久しぶりに喫煙再開してみたら、タバコのストックがもうラス1になっていた。マジでecho…いや、でもあれ安いのは一本が普通より短いだけだと考えると、逆に損した気分になるんだよな…。・居酒屋の壁。条約を気にせず食せる種類だろうか。
うまいのか

2008.04.11[金] クール&ヒート・ダウン

・ていうかそこまでして恥を晒したいか私。マス媒体に対してただの嫉妬心を剥き出しにしてるだけじゃ。あの自信たっぷりのプレゼンテーションに過去の自分自身を見て、いたたまれなくなってどうにかして再取り込みしようとして、たぶんこれが惰眠と真逆の、俺屍でいうところの「どっぷりモード」な過ごし方なのかもしれないな。百害あって一利なし。確かあれ、作者自ら「まともにプレイして攻略できるように作ってない」とかいう趣旨のことを語ってなかったっけ。

・ゴミか…。そろそろ衣替え(冬物オールクリア)の時季だなぁ。自分自身は全く変わってないんだけど。もう4月の中旬に差し掛かるというのに、何一つ新しい感じがしない。ここにもう10年も住み続けてるという事も、そう感じさせるのに一役買っているだろう。札幌時代(13~14年間)をそろそろ追い抜く。北海道時代(丸18年)もそう遠くない未来に追い越すんだろう。他人事。

2008.04.10[木] 絶望に効かない

・「技術は教わるのではなく師匠から盗め」←“師匠”の側からは絶対に発言してはいけない言葉。勿論、周りがそんな「師匠像」を賞賛してもいけない。特にマスゴミ!今日のダライ・ラ(ry

・あまりにも腹が立つ私は本気でだめなんじゃないかと。パスタ作ってる途中で、ベッドサイドで携帯メール着信音(オルゴール風の“きらりん”という音)が鳴った拍子に手を滑らす、そしてそれについて烈火の如く怒る。意味が解らない。

・7日の記事を上げた後、このブログの検索ワードで「自傷」「硫化水素」って出てきたんだけど、今の私が皆様のご希望に添えなくて残念です。もう派手なことをして外側から攻めるより、内側からじわじわ腐っていくだけです。加減もある程度わかってきたし、もし自傷行為で死ぬことがあればそれは事故です、過失です、本人に死ぬ気はなかったと考えて結構。そんなツキ(Good Luck)は私には訪れないんだろうな…。はぁ。

2008.04.08[火] 堕落日付越え

・サンサンTVに久しぶりにストリークとポンちゃんが出てる。ああ、この、おっさんの駄目駄目加減が、たまらん…じゅる。おお!犬井ヒロシではなくミチルの方だった。これもまた久しぶり…ああ、野菜王子のくだりか。さらに大きい人まで出てきた。span!も今やすっかりローカル(UHFとかケーブルテレビ)御用達芸人だな。

・昼間酒飲んで気持ちよく寝られなかったので、醒めかけでトリプタ1Tとワイパックスを2シート弱飲んだらよく眠れたが、起きても眠い。サンサンTVを見て、坂口安吾の「白痴」を読んだら23時半ぐらいで病的な眠気に襲われてまた寝る。そして2時ぐらいに起きてるんだけど、まだ眠い。やっぱり酒と薬の併用は久しぶりにやると効果絶大。明日職安と図書館に行けるのだろうか。なんかむなしい。しょうがないからまた寝るけど。

9日2:29

2008.04.07[月] 自傷もODも硫化水素実験もしてない

・今日の本降りの雨の中を、折り畳み傘をバトンのように握り締めて濡れながら走っていった人を見かけたんだが、何かの修行か?

・昨日、酔っ払いより質の悪い私にからまれた皆様には、心よりお詫び申し上げます。やり場のない(積年の)怒りとかいろいろ積もり積もって、久しぶりにはっきり「壊れました」。だって時間が思い出せないんだもん今、昨日のことを思い出しても、やばくなって迷惑を振り撒き始めた時間が、日付が変わった時から逆算してもどうしても自分の認識している時間と合わない。でも知らんうちにブログは更新されてるし、パスタを食べていたようだがぜんぜん記憶になくて、なんか気持ち悪くって今日の夕飯もパスタにしてしっかり記憶に焼き付けた(意味不明)。本気でやばくなったら病院とか薬とか無意味だな。なのに他人は私がしんどいと言うと皆病院へ行けと言う、犬に向かって「ニャンと鳴け」と命令するかのようだ。本当にしんどい時に適当な病院に行って適切な治療を受けられる人って、すごく丈夫で鈍感にできていると思う。アホらし。ああもう社会復帰なんてできる気がしない。なんでアホにまみれてビクビクしながら生きなあかんねん。アホらし。ゴキブリを残して全部滅んだらいいのに。そしてゴキブリから進化したいろんな生物でまた一からやり直せたらいいのに(手塚先生リスペクト)。

・バジル発芽3日目にしてほぼ全部の種が発芽した感じか。成長早いんですけど大丈夫なのか。

左向け左
ふたばふたばふたばふたばふたばふた
 
向かう先はベランダ(曲がるたびに向きを変えねば…)
ふたばどっさり

2008.04.06[日] 発芽ぞろぞろ

発芽2日目の朝。今見てみたらまたにょきにょき伸びてきてる。

日当たり悪いのでもやしみたいだorz

2008.04.05[土] 太陽は脇役で孤独

・そして、いつか死ぬ。

・自然界(人間以外)の「美しさ」は「強さ」に内包されている。ここ最近NHKでよく、大自然をめっちゃ金と時間かけて撮影しました系の番組(屋久島のなんとかとかアマゾンのなんとかとか)を見てしまうのですが、今日の番組でアマゾンの発生についてのナレーションで「戦後100万年前に~」という言葉が耳に入ってきて、んん?何でいきなり戦後とか…100年の間違いか?いや、戦後100年経ってないし(大体なに戦争を指してるのか)戦後なのに「~年前」っておかしいし…、と、何の疑いもなく真剣に悩んだ。その答えが「1500万年前」であることに辿り着けたのは、その数分後のことだった…。あのー、いつかの「おむすび山」は、明らかに違うことが容易に判断できる聞き間違いだったし、その後も相撲を見てたら連呼されるから「ああ、(当時)小結・安馬ね」とすぐ気付くことができた(しかし、その後の脳内変換は全ておむすび山)けど、今回はちょっと難易度(?)が高かったと思うのですよ。読み手によって微妙にアクセントが変わるし、変わるというか、今日の人があまりにもきれ~いに平板アクセントで読むから、解釈の幅が広がってたと思うの絶対。単語単位じゃなくて、まず「音」として認識され、「せんごひゃくまんねんまえ」のどこに区切りを入れるかは聞き手の解釈に委ねられやすかったと思…ああ、苦しすぎる。ピラルクの空気呼吸についての小話を思いついて、頭の中では完全に漫画化されてるんだけど絵心がないのでせめて文章で残そう、と思ってたが、今日のところは言い訳に終始。ところで、大きい魚は小さい魚を食べるのに、大きい人間が小さい人間を食べないのは何故なんですかね(←真面目)。

・ファドの死とクロスフェードするように、バジル種が今朝から次々と発芽しています。種植えて5日。早っ。また種もよく冬を越してくれたな、この部屋でただのビニール袋に入れられて、机上に放置してあったのに。…やっぱり私が、根本的に、生物と暮らすということについて、無頓着すぎる。不勉強すぎる。怠惰が過ぎる。そりゃ、独りに、な、る、は、ず、だ、よ。

・今、ブラウザのお気に入りに「ウィキ」フォルダがあって、そのサブフォルダに「音楽」「哲学」「歴史・民俗学」「宗教」「生物」「現代社会」とあって、そこに分類しきれないコンテンツが7個そのままにしてある。理由は様々で、まず「そのジャンルのコンテンツが1つしかない」数学や文学や歌舞伎の演目、「意味のまたがる分野が多すぎて分類できない」単語、「くっつけようと思えばくっつけられるけど、フォルダ名のつけ方に悩む」“ブラック・ジャック”と“石川五ェ門(ルパン三世)”、などがある。この両者は例えば「漫画」とか「初恋」とか「共通の武器が鋭利な刃物」とか「二次元萌え(*´Д`)」とかでくくることが可能ではある。困ったものだ。オチはありません。困ったひとだ。

バジル発芽第一号(朝の状態)
今日一日でこの状態よりだいぶ伸びた

2008.04.04[金] 重機銀座で真顔で号泣

・このアパートの隣では新しい建物を建てている。更に、裏と、逆隣側の2軒先の建物が、一気に解体されている。昼間は騒音に紛れて歌えたりするし両隣の音も気にならなくなるので意外と気は楽だ。生物の音がとても神経に障る。ところでファドが死にそうというか死ぬのも時間の問題という感じなんだが、私はサボテンを愛でてはいけないのか。

・「苛立ちや責任転嫁による行動は言語道断なことで、こういった行為は外傷的です。」だそうです。さてこれは何をテーマにした文章での一行でしょうか?

・まだ、前職のあれこれが整理できてない私の現状ってどうよ。何があってどこが問題だったのかを、他者に(完全に主観を取り除くことは不可能なので、比較的)正確に伝えることができなければSOSのサインすら出せない。もうおわりなんだろうか。あと2箇月ちょいか…。

2008.04.03[木] 不精ではなく

・起きて何か飲食するとみるみる気持ち悪くなって、PC前に長時間座っていられなかったのです。何も飲食しなくても起きてここに座ってるだけで気持ち悪くなったりしたのです。不思議なことにイスではなく床に座った状態では大丈夫だったので、少しでも「あ、これはやばい」という予兆を感じたらすぐさまPCシャットダウンして避難して、家事やら何やらをやっていました。今これを書いているのは朝食後わりとすぐなので、いつ気持ち悪くなるのかガクブルしながら書いてます。

・1日には、昨冬大学時代の友人から譲り受けたバジルの種を蒔き、ついでにさくファミリーの植え替えをしました。

まず、さく本体からのびーてきた出芽部分を切り取り、新しい鉢に植えつけることに。

のびーるさんまだ小さいけどよく伸びた

上から二番目の葉の付け根から伸びていたので、やむを得ずこんな変な切り離し方をしてしまった。

本体残り5枚これからどうなるのか…

新しい鉢にいつものセット(培養土と赤玉)で植えつける。

かわええちっちゃいです

さらに、最初に伸び始めて別鉢に植え替えたものを、上と同じ鉢に植え替え、湿らせた培養土と赤玉でポジション固定。

元祖のびーる結構立派にフサフサしてきた

はっぱつやつやでも細長いんだよな…

次に、ちょっと弁当箱っぽい形の鉢に培養土を敷き詰め、バジルの種をパラパラと蒔き、その上からサラサラと培養土をかぶせ、水をやる。細長い籠にバジルとさくちゃんを同居させてみた。

お誂え向きアングル上から

籠便利いつものように玄関です

全ての鉢を、窓際のギリギリ日のあたるいつもの悪環境(…)へ移動したら、こんなことになりました。

全員集合満員御礼

・また、↑写真右下のメメ片たちも、土の上に放置状態だった2つの破片を土に埋めて固定しました。

メメ1こんな状態だったやつも

メメ2このように

メメ3メメ片全体図

・「なし」、と書いた日から今まで右瞼の痙攣なし。しかし昨日一瞬、右「下」瞼が痙攣した。それは今のところ再発なし。
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。