FC2ブログ

rubbish

  

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.23[木] 

・『砂をつかんで立ち上がれ』(中島らも)読了。『なしくずしの死』(セリーヌ)、『天人唐草』(山岸涼子)は絶対に読むぞ。

・印象に残ったのは「食は恥である」と「ゴンとチチ」。「食」の方では、らもさんの持論として

“物を食べるということは排泄作用と同じくらい恥ずかしいことであって、他人様に見せるようなものではないのではないか”

ということが述べられており、なぜ私が自分の食べたいものを人前で言うことが異常に苦手なのか、という長年の疑問に答えてくれたかのようだった。成る程、人前で自分の食べたいものを晒すなんて、私にとっては人前で自分のどこに性感帯があるのかを晒すのと同じことだったのか。そら恥ずかしいわな。今までは「幼少より母親に自分の希望を悉く却下された為のトラウマ」だと思っていたんだが、「人前で自分の希望を言う行為自体を恥ずかしく思ってしまう」ということだったんだな。無理に克服することじゃないんだ。飯なんて一人で食ってりゃいい。

・但し一人で飯を喉に詰まらせて死ぬことのないよう、細心の注意を払いたいと思います。とんだとばっちりを食った蒟蒻畑さんは本当にサクリファイスで心からご愁傷様でございます。次に復活する際は「穴あき蒟蒻畑」にすれば、もし喉に詰まらせようとも気道は確保できるのではないかと思います。類似品には全て、と言わず加工食品を全て、そのような形状にするよう、これを機に業界間で協定しておくべきでしょう。これでお子様やお年寄りも安心ですね。

・閑話休題。「ゴンとチチ」の方は、この文章にいたく感銘してネットでゴンチチを片っ端から試聴してしまいました。ソロアルバムも含め今度絶対全部聴く。CDにしろライブにしろ、こんな訴求力のある、それでいて端正で爽やかな音楽レビューを一度でいいから書いてみたいです。今まで「職業的音楽ライター」の真似事みたいな文章ばっかり書いてきた自分が恥ずかしい。「それしか見てこなかったから」は言い訳にならない。
スポンサーサイト
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。